Genomeは「革命」です!

2011年2月20日

こんにちは!リバティー事務方の草本です。今日は、先シーズン初代ゲノムを購入してくださったお客様、だいさんから、カッコイイお写真をお送り頂きましたのでご紹介させて頂きます!

photo:Yukinori Nakamura

photo:Yukinori Nakamura

photo:Yukinori Nakamura

だいさんは名古屋に住んでいらっしゃいますが、大町に家があり、ほぼ毎週末白馬に滑りにいらっしゃるそうです。

だいさんがお持ちのゲノムは2009-2010シーズンの初代ゲノム。日本にはなんと4台しか輸入しなかった超レアものです。

だいさんにゲノムの使い心地を伺ってみました。

「昨シーズン最初に購入し、ずっと使っています。これまで、どれくらいスキーを乗り継いできたか分かりませんが、とてつもない衝撃を受けました。他のスキーが従来のスキーの「改良」であれば、ゲノムは、間違いなく「革命」です。   他を圧倒する姿形から色モノに見られてしまいますが、至って「普通」のスキーです。普通のスキーで普通に滑ることができる斜面であれば、ゲノムでも普通に滑ることができます。ロッカー形状が実用化されなければ、このような太さのスキーも実用化されなかったのでは?」

そうですね~。因みに、こうだったらいいな、みたいなご要望はありますでしょうか?

「惜しむらくは、トップが太過ぎるため深い雪だと曲がり過ぎる事で・・・ノーズだけテーパーにしたいなぁ・・・と思っていたら、もう少し太いですがそのようなスキーが出るようで・・・買っちゃいそう・・・です(^_^;)  」

おお~、是非お願いします!!来季のゲノムはボムロッカーを搭載。また、Mutant(ミュータント)という、ゲノムより太いツチノコ型のウルトラパウダー機も登場します。ミュータントは足元なんと149mm!先月サンプルが届いたときは、カヌーかと思ってしまいました。

だいさん、また素敵な写真を送ってくださいね!ありがとうございました♥